妊活のこと

妊活にむけてまず準備しておきたいこととは? 【医師監修】|ゲンナイ製薬

監修 竹内正人

この記事を監修いただいた先生

産婦人科医

竹内正人(たけうち まさと)

1987年日本医科大学卒業、米国ロマリンダ大学にて胎児生理学を学び、日本医科大学大学院(産婦人科学、免疫学)修了。葛飾赤十字産院(1994~2005年)では産科部長として周産期医療に力を注ぎながら、JICA(国際協力機構)母子保健専門家として、ベトナム、アルメニア、ニカラグア、パレスチナ、マダガスカル、カンボジア、ボリビアの母子医療にもかかわってきた。桜川介護老人保健施設・施設長として介護現場を経験、東峯婦人クリニック副院長(2006~2017年)を経て、現在フリーの産婦人科医として地域・国・医療の枠をこえ、様々なプロジェクトを展開している。
「マイマタニティーダイアリー」(海竜社)、「安心マタニティブック」(永岡書店)、「ママのための帝王切開の本」(中央法規出版)、「からだとこころの悩みお助けBOOK」(世界文化社)ほか著書・監修書多数。

心身ともにできるかぎり健康な状態に

妊活開始の3カ月くらい前から環境づくりを
現在は「エピジェネティクス」の考えから、赤ちゃんにいい遺伝子を授けるために、卵子と精子のクオリティを上げることが大切だと言われています。
妊娠してから健康に気をつければいいのではなく、妊活時から子宮や卵巣、もちろん精子の質にも気を使い、受精するためにいい環境を準備すべきなのです。
妊活をはじめる3カ月くらい前から環境づくりを始めましょう。
心身を健康に保つには、生活習慣を整え、ほどよい運動、睡眠、そして食生活の見直しなどが大切。赤ちゃんの将来のためにも、妊活時からの健康管理は大切です。

周りの環境を整えておく

妊娠すると、つわりになったり健診で病院に行く日が増えるなど、日常とは違う生活になります。また急激なホルモンの変化で、眠くなったり集中力が落ちたりすることもあります。そういう変化にフレキシブルに対応できる環境づくりも大切です。妊娠すると8カ月後には産休に入ることになります。妊娠中は赤ちゃんのことに注力できるように、大きな仕事は引き受けないとか、大きな決断を迫られるようなことはやらないなど、周囲にも働きかけて理解してもらうといいでしょう。メンタルも揺れる時期なので、無理をせず、ゆったり過ごせるように、妊活時から環境を整える準備をするのはおすすめです。

赤ちゃんにいい常在菌を渡してあげる

赤ちゃんのために「腸内環境」を整える
少し前に「腸内環境」を整えることが話題になりました。腸内にはいい菌と悪い菌がいて、その菌バランスを整えることで、腸内環境が整い、健康になるというものです。最近では病気の治療として「便移植」が検討されるようにもなり、腸内環境を整えることは、健康のバロメーターにもなると言われます。
おなかの中の赤ちゃんは、ずっと無菌状態なのですが、いよいよ生まれる時、ママの産道を通り抜ける際に、ママが体内にもつ常在菌を受け取ります。つまりママの菌バランスが赤ちゃんに引き継がれるわけです。
腸内環境が悪くなる原因の1つは「便秘」です。妊娠するとホルモンの影響や大きくなる子宮に圧迫されて腸の動きが悪くなり、便秘になりやすくなります。赤ちゃんに引くつぐ腸内環境を整えるためには、妊娠中も便秘になりにくいようにしたいもの。妊活中から食物繊維や発酵食品、乳酸菌などを心がけて摂取し、適度に運動するなど、便通をよくする生活を心がけてください。

膣内環境も同様に整えてあげたい

妊活に適した「膣内環境」を整える
「腸内環境」と同様に、「膣内環境」もよい状態であることに越したことはありません。膣内にもデーデルライン桿菌といういい菌がいて、膣内を酸性に保ち、雑菌の繁殖を防ぐなどの自浄作用があります。この膣内環境が忙しさやストレスなどで乱れると、菌バランスが崩れて、膣内がアルカリ性に傾き、トラブルになりやすくなります。「腸内環境」も「膣内環境」も人が体の中にもつ常在菌の菌バランスが影響します。ママの菌バランスを赤ちゃんに引き継いでしまう可能性があるので、妊活を始めるにあたっては、自分の菌バランスを整えることも心がけたいですね。

基礎体温をつけて排卵日をチェック

排卵日を把握する
妊娠しやすい時期を見つけるには、自分の排卵日がいつなのかを把握することが大事です。排卵日を把握するには、毎日、基礎体温をつけて、自分の体のリズムを知ることが前提。生理周期がわかれば、排卵日が逆算できます。逆に生理周期が一定でない場合は、うまく排卵ができていない可能性が高いので、早めに医療機関を受診しましょう。
基礎体温をつけることができないなら、排卵チェッカーを利用して排卵日を見つけることもできます。卵子は排卵後24時間しか生きられないので、排卵日当日だけでなく、排卵日前から準備をした方がいいでしょう。

葉酸サプリを飲み始めましょう

葉酸サプリは妊活時から
先にあげた「エピジェネティクス」の考え方からも、葉酸サプリは妊活時から飲み始めたほうがいいでしょう。赤ちゃんのために葉酸がもっとも必要になるのは、妊娠6〜8週くらいの、妊娠がわかるかわからないかぐらいの時期。妊娠がわかってから飲み始めても遅いのです。いつ妊娠できるかは誰にもわからないので、妊娠したいと妊活を始めた時点から、葉酸サプリを飲み始めましょう。精子と卵子が出会って受精卵になった時に、子宮の中で赤ちゃんを迎え入れる準備ができていることが大事です。

2018年から主流になっている「時期別葉酸サプリ」は、96.4%のお医者さまに「時期別は共感できる」との高い評価をいただいています。
古い一般的な葉酸サプリでは中期以降も同じ栄養素を摂取し続けることになります。

適切な栄養摂取を望まれる方は是非ご検討ください。

時期別葉酸サプリプレミン
時期別葉酸サプリプレミン